検索

活動内容

「TRPGとは?」

テーブルトークロールプレイングゲームの略で、テーブルを囲みながら会話で進めていく多人数参加型アナログゲームのことです。

参加者はゲームマスター(以下GM)とプレイヤー(以下PL)に分かれ、ダイスを振りながら紙とペンを使ってゲームを進めていきます。

ゲームにもよりますが、基本的にGMとPLに勝敗はなく、GMはPLが楽しめるようにストーリーを設定し、ストレスのないルール運用を心がけます。PLはGMが用意した世界(ストーリー)に沿って、お互い協力しながら大きな目標に向けて邁進していきます。

その過程で成否が分かれる行動をとった場合など、ルールに従ってダイスを振り、成否を判断したりするのです。

難しそうに聞こえますが、市販されている各TRPGルールブックは、大抵が初心者でも問題なくプレイできるようにデザインされていますし、経験者の方が一緒にプレイできる環境であれば、まず問題なく楽しめると思います。

必要な参加人数は、GM1名、PL2名~6名ほどで、これはゲームによって変動します。


「TRPGサークルとしての活動」

上記のように、TRPGは基本的に複数人で行うゲームです。そのため定期的に参加できるメンバーを揃え、継続して楽しむためにサークルの形をとってメンバー間のスケジュール調整や、会場確保など行っています。我がティル・ナ・ノーグでは、仙台市泉区を中心とした市民センター(和室)を活動場所としており、毎回500円~1000円程度の会場費(普段は500円)+各自飲食代が必要となります。

定例会は、月に1~2回(3週間に1回くらい)の日曜日に行い、10時ら21時まで行います。スケジュールはメンバーの都合を擦り合わせて決定し、参加時間もある程度自由にしてもらっています(午後から参加。18時帰宅など)。


「現在プレイしているゲーム」

真・ウィザードリィRPG

天空の探空士~スカイノーツ

黒絢のアヴァンドナー

ソードワールド(旧&2.0)

ガンドッグ

ブルーローズネクサス

アリアンロッドTRPG   …などなどなどです。


GMをするメンバーが、自分のやりたいゲームを行っています。

もちろんリクエストも歓迎ですが、自分でGMをやるのでない限りは、GMをやる方の都合に合わせています。

閲覧数:71回0件のコメント

最新記事

すべて表示

味方を撤退させるために殿を務めていたガルマとシャアであったが、いかんせん多勢に無勢。ガウ攻撃空母を撃墜されたことにより撤退もままならず追い詰められたその時、白狼シン・マツナガが愛機のMS-06R(地上高機動型)とともに現れる。その忠義によって窮地を救われたガルマだったが、趨勢は変わらず追い詰められていく。 ロンドベルはシオンの仲間である武装貨客船エルザで北米大陸へと舞い戻った。目的はゼントラーディ

『部隊を離れることをお許しください。ジオンに未練があるわけではありませんが、それでも昔日の友軍。巨人どもに蹂躙される様を座して傍観するなど私にはできない。それに、この先連邦軍と本格的に歩調を合わせていくのであれば、元ジオン軍人である私の存在が要らぬ火種にならぬとも限りますまい。いずれまた連邦とジオン・・・異なる思想、立場の者たちが手に手を取って歩むことができる。そんな未来があるならば、この白狼どこ

日本を後にしたホワイトベースとロンドベルは、ジオン勢力下にある北米大陸へと進路を取った。ホワイトベースのクルーたちとも打ち解け、関係を育んだのも束の間。ジオン重力戦線司令官ガルマ・ザビ大佐率いる攻撃部隊が待ち受けていた。その中には赤いザクも・・・。 ギレン・ザビの野望を阻止し、ドズル・ザビを非業の死から救うべくガルマに接触しようとするシン・マツナガ少尉。彼は愛機「白狼」を駆ってガルマの乗艦ガウ攻撃