検索
  • AGLA

ロードス島戦記RPG 魔神戦争 外典・命根の書 第5話「人の寄る辺は緑」

王都に魔神が出現、伯爵からの依頼を受けられたし――その一報を受けた一行は、急ぎグリンノーザに取って返す。 領主オルテガ伯爵は、カノン王の要請に応じて騎士団を王都に派遣するとともに、ロレンたちに帰らずの森のエルフたちに宛てた親書を手渡す。 馬を走らせ森に至るも、エルフたちの出した答えは、一部の若者たちの参戦を認めたのみだった。 だが、一行が森を辞そうとしたところで、南西部落の長クルーゲン・カークが呼び止める。 「久々に黄金樹が寄生植物に根付かれた。その植物が付けた種は、陽光の当たらぬ場所に植えると黄金樹を求めてどこまでも根を伸ばすだろう。空洞に植えれば、その空洞を埋めながら、たとえ200kmの距離であっても」 王都カノンから帰らずの森南西部までの距離は、約200kmである。 王都の地下にその種を植えれば、カノン王国中部から北部にかけて、洞窟は根によって埋め尽くされるだろう。 グリンノーザに戻って伯爵に報告し、すぐさま王都に馬を走らせる一行。 そのまま黒煙を上げる王都に突入するも、すぐさま魔神たちに見つかり窮地に陥る。 エルフの若者やライバル冒険者たちを犠牲にしながらも、グリンノーザ騎士団との合流に成功し、魔神の出現地の一つであるマーファ第2神殿の地下墳墓に攻め込む。 最後の難関、牛の角を垂らした呪武両道の魔神レグラムに挑み、吹き荒れる氷嵐と強烈な角の一撃に耐えながら、ついには蹴散らしてドワーフの地下洞窟に種を植え付ける。 たちまちのうちに根を伸ばす寄生植物。 見る間に洞窟を埋め尽くしていく力強い根は、同時に無数の魔神たちを飲み込んでいった。 地下の旺盛な成長力に比べて、地表部分はわずかに枝葉を伸ばして緑を茂らせる程度である。 カノンの人々は、突如としてそこかしこから芽を出した見たこともない植物に首をかしげた。 やがて魔神の出現が減ってくると、ようやくこの植物が国を救ったことを理解することになる。 しかし、これがたった一つの種から生じた1つの個体であることを知る者は少なかった。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

スーパロボット大戦TRPG-ARIA 第12話 「スペース・フォールド」 あらすじ~

味方を撤退させるために殿を務めていたガルマとシャアであったが、いかんせん多勢に無勢。ガウ攻撃空母を撃墜されたことにより撤退もままならず追い詰められたその時、白狼シン・マツナガが愛機のMS-06R(地上高機動型)とともに現れる。その忠義によって窮地を救われたガルマだったが、趨勢は変わらず追い詰められていく。 ロンドベルはシオンの仲間である武装貨客船エルザで北米大陸へと舞い戻った。目的はゼントラーディ

スーパロボット大戦TRPG-ARIA 第11話 「オデッサに散る」 あらすじ~

『部隊を離れることをお許しください。ジオンに未練があるわけではありませんが、それでも昔日の友軍。巨人どもに蹂躙される様を座して傍観するなど私にはできない。それに、この先連邦軍と本格的に歩調を合わせていくのであれば、元ジオン軍人である私の存在が要らぬ火種にならぬとも限りますまい。いずれまた連邦とジオン・・・異なる思想、立場の者たちが手に手を取って歩むことができる。そんな未来があるならば、この白狼どこ

スーパロボット大戦TRPG-ARIA 第10話 「ガルマ出撃す!」 あらすじ~

日本を後にしたホワイトベースとロンドベルは、ジオン勢力下にある北米大陸へと進路を取った。ホワイトベースのクルーたちとも打ち解け、関係を育んだのも束の間。ジオン重力戦線司令官ガルマ・ザビ大佐率いる攻撃部隊が待ち受けていた。その中には赤いザクも・・・。 ギレン・ザビの野望を阻止し、ドズル・ザビを非業の死から救うべくガルマに接触しようとするシン・マツナガ少尉。彼は愛機「白狼」を駆ってガルマの乗艦ガウ攻撃

  • Grey Google+ Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey LinkedIn Icon
  • Grey Facebook Icon

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

  • Google+ Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • LinkedIn Social Icon
  • Facebook Social Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now