検索
  • AGLA

スーパロボット大戦TRPG-ARIA 第10話 「ガルマ出撃す!」 あらすじ~

日本を後にしたホワイトベースとロンドベルは、ジオン勢力下にある北米大陸へと進路を取った。ホワイトベースのクルーたちとも打ち解け、関係を育んだのも束の間。ジオン重力戦線司令官ガルマ・ザビ大佐率いる攻撃部隊が待ち受けていた。その中には赤いザクも・・・。


ギレン・ザビの野望を阻止し、ドズル・ザビを非業の死から救うべくガルマに接触しようとするシン・マツナガ少尉。彼は愛機「白狼」を駆ってガルマの乗艦ガウ攻撃空母に肉薄する。発光信号により会談の意思を伝えたものの、その直後にゼントラーディ軍の地上侵攻部隊と交戦が開始されジオン軍は撤退。

ゼントラーディ軍の撃破した後、ガルマとの会談を実現させた。ロンドベルの持つ未来に関する情報を開示することで聡明なガルマを引き込むという当初の計画ではあったが、傍らに控えるシャアを警戒するあまり、ロンドベルは情報開示を渋り、ギレンの悪行を伝えるのみにとどまる。

ガルマは兄ギレンに非があれば正すが、自分もザビ家の男。なによりも戦争に勝つことを優先させる身と、会談は決裂してしまう。

そもそも、ガルマを味方に引き入れるには、彼の背負うザビ家を捨てさせる意思も情報も圧倒的に不足していたのだ。


シン・マツナガはガルマが立ち去るのをただ奥歯を噛みしめて見送るしかなかった。自分はこんなことのために命を懸けて来たのか? なんのための会談だったのか? 彼は答えの出ない問いを自らに繰り返すしかなかった。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

味方を撤退させるために殿を務めていたガルマとシャアであったが、いかんせん多勢に無勢。ガウ攻撃空母を撃墜されたことにより撤退もままならず追い詰められたその時、白狼シン・マツナガが愛機のMS-06R(地上高機動型)とともに現れる。その忠義によって窮地を救われたガルマだったが、趨勢は変わらず追い詰められていく。 ロンドベルはシオンの仲間である武装貨客船エルザで北米大陸へと舞い戻った。目的はゼントラーディ

『部隊を離れることをお許しください。ジオンに未練があるわけではありませんが、それでも昔日の友軍。巨人どもに蹂躙される様を座して傍観するなど私にはできない。それに、この先連邦軍と本格的に歩調を合わせていくのであれば、元ジオン軍人である私の存在が要らぬ火種にならぬとも限りますまい。いずれまた連邦とジオン・・・異なる思想、立場の者たちが手に手を取って歩むことができる。そんな未来があるならば、この白狼どこ

地球へ降りたホワイトベースとロンドベルは、南シナ海でザフトの潜水艦隊の攻撃を受ける。 沿岸部を北東へ向かった彼らは、日本の瑞穂基地へとたどり着いた。 鎖国していた八門結界を破壊され、ジオンやコロニー連合と敵対することとなった日本は地球連邦軍への協力を決定。その一環としてホワイトベースを受け入れたのだった。 瑞穂基地で補給と修理を行い、しばしの休息を取っていた彼らだったが、事態は意外な展開を見せる。